女性1-1

本当にやりたいことって何だろう…


生きていく中で、こんな疑問を持ったことはありませんか?

勉強も仕事もそれなりにこなして、恋人や友だちにも恵まれて毎日を楽しく過ごしている人でも、ふとした瞬間に「本当の自分」について考えることがあるものです。
そんなとき、誰かに話を聞いてもらいたくても具体的な悩みではないですから、どう話していいかわからないですよね。

また、たとえ話を聞いてもらえたとしても、充実した生活を送っているあなたを見ている人には、それほど切実な悩みには聞こえないでしょう。
そうなると期待していたような反応やアドバイスがもらえず、ますます気持ちが落ち込むことになるかもしれません。

そんなとき、上手に利用したいのが占い師です。

占い師なら「本当の自分」というような、あやふやな悩みについてもしっかり耳を傾け、適切なアドバイスをしてくれます。
また、家族や友だちなら遠慮して言えないようなことでも、占い師だったら気にせずズバズバ言ってくれるでしょう。

そういった意味でも、悩みが深刻であればあるほど占い師に頼るほうがいいと言えます。

しかし、占い師に相談したくてもまわりに占ってくれる人がいなかったり、仕事や家事が忙しくて、占い師のところまで行く余裕がなかったりする人もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、「電話占い」です。

電話占いならあなたの都合のいい時間に電話をすればいつでも占ってもらえますし、わざわざ占い師のところに出かけていく必要もありません。
また、夜中に待機している占い師もいるので、昼間は忙しい人でも、就寝前のわずかな時間で相談することも可能です。

そんな電話占いの中でも、自分自身のことを知りたいなら「九星気学」がおすすめです。

生年月日を伝えるだけで運勢や性格、進むべき方向などを教えてくれる九星気学は、老若男女を問わず幅広い年代の人から支持されています。

また、電話占いは料金が高いというイメージがあるかもしれませんが、多くの電話占いサイトでは初回にかぎり数分間の無料体験サービスをおこなっています。
まずは気になる占い師をみつけて、無料体験を利用してみましょう。

ここでは、九星気学の歴史や占い方、どのようなことが占えるのかなどを紹介します。

管理人管理人

また、九星気学を得意としている人気占い師のプロフィールはもちろん、口コミ情報もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

九星気学って何?

九星気学とは、生年月日と時間、生まれた年の干支(えと)、さらに火・水・土・木・金からなる陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を組み合わせた占術です。
その人の運勢や方位の吉凶、また特定の人との相性などを読み解き、人生をより良い方向へと向かわせる開運術として古来より多くの人に親しまれています。

「九星」という字から占星術をイメージされるかもしれませんが、九星気学の星は天体のことではなく、9つに分類されたエネルギー(気)のことを意味しています。
九星気学では、このエネルギーの流れを読み解くことで、運勢や吉凶、相性などを占っていきます。

とはいえ、宇宙とまったく関係がないわけではありません。
九星気学では、産み落とされた瞬間にその人の運勢を決定づける「気」を受けるとされています。
つまり、産声を上げ、呼吸を始めた瞬間に身体の中に取り入れた気(空気)が、その人の性格や運命に大きな影響を与えると考えられているのです。

気は大自然に満ち満ちた目に見えないエネルギーであり、宇宙の運行をつかさどり、人に命の息吹を与えてくれるものです。
形はありませんが、気は空気として宇宙に存在し、生まれてきた年月日、時間によってその人の運勢に影響を与えているというのが、九星気学の基本的な考え方です。

九星気学の歴史

九星気学は、古代中国で生まれた易経の流れを受け継ぐ占術であり、東洋占術の統括的なものと考えられています。

しかしその一方、日本人が日本で始めた占術だという説もあります。
九星気学の基本となる陰陽五行や干支という考え方は古代中国で生まれたものですが、それを日本流の占術として発展させたものが九星気学だという説です。

九星気学の正確な起源はよくわかっていませんが、気の流れを読み解く気学の考え方は、中国はもとより日本でも古くから取り入れられており、江戸幕府は気学に基づいて政治をおこなっていたと考えられています。
そもそも徳川家康が江戸に幕府を開いたのも、気学の影響が大きいと言われています。

現在でも、大物政治家の多くは気の流れなどを考慮して活動していると言われていますし、九星気学に基づいて作られた開運印鑑を持っている方もいらっしゃるようです。

干支と陰陽五行説

九星気学では気の流れを読むことが最も重視されますが、そのベースとなるのが干支と陰陽五行です。

干支というのは、本来「干」と「支」にわかれていて、それぞれ10個と12個あることから「十干(じっかん)」「十二支(じゅうにし)」と呼ばれています。
天のエネルギーをあらわす十干と、地のエネルギーをあらわす十二支を組み合わせることで、「甲子(きのえね)」や「丙午(ひのえうま)」などの干支としています。

また、陰陽五行とは、古代中国で誕生した「陰陽思想」と「五行説」が融合してできた考え方です。
陰陽思想とは、「宇宙の万物はすべて陰と陽のふたつのエネルギーから構成されている」という理念のことで、東洋医学や伝統医学などの基礎にもなっています。
五行とは、万物を「水(すい)」「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(こん)」の5つの元素を軸にしてとらえ、それらがお互いに影響しあって宇宙が成り立っているという考え方です。

九星気学では、生まれてきた年月日と時間を干支と陰陽五行に当てはめ、その人が生まれ持った運勢や吉凶などを読み解いていきます。

九星気学ってどうやるの?本命星・月命星の意味は?

九星気学では、相談者の生年月日や生まれた時間から、「本命星」「月命星」「日命星」という3つの星を導き出します。

ただし、見るべき星は年齢によって異なり、7歳までは日命星、8~18歳頃までは月命星、それ以降は本命星によって運気を見て運勢や相性を占います。
なぜなら、九星気学の基礎となる「気」は絶えず循環しており、年齢によって運気や相性も変化していると考えられているからです。

成人にとって重要な本命星は、生まれた年の九星であり、その人の性質や要素といった本質をつかさどるものだとされています。
では、本命星は、どのように調べればいいのでしょう。

簡単に計算する方法もありますが、ここでは一覧表を用意しましたので、表の中から自分が生まれた年を探して、本命星を確認してみてください。
表を見ればお分かりいただけるように、たとえば1964年生まれの人なら本命星は「九紫火星」、2005年生まれの人なら本命星は「四緑木星」です。

ただし、九星気学は旧暦でおこなう占術なので、誕生日が1月1日から2月4日(立春)あたりまでの方は、前年の星が本命星になるので注意してください。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年 1926年 1925年 1924年 1923年 1922年 1921年 1920年 1919年
1936年 1935年 1934年 1933年 1932年 1931年 1930年 1929年 1928年
1945年 1944年 1943年 1942年 1941年 1940年 1939年 1938年 1937年
1954年 1953年 1952年 1951年 1950年 1949年 1948年 1947年 1946年
1963年 1962年 1961年 1960年 1959年 1958年 1957年 1956年 1955年
1972年 1971年 1970年 1969年 1968年 1967年 1966年 1965年 1964年
1981年 1980年 1979年 1978年 1977年 1976年 1975年 1974年 1973年
1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年

本命星の特徴

次に、9つある本命星それぞれの特徴について説明します。
本命星の特徴を知れば、ご自身の生まれ持った性質や性格などがわかります。

一白水星(いっぱくすいせい)

頭の回転が速くて理性的なので、気持ちの赴くままに行動することはありませんが、些細なことが気になって神経をすり減らすことがあります。また、恋人など気持ちを許せる相手には感情をぶつけてしまう傾向があるので、それが原因で身を亡ぼす可能性があります。

二黒土星(じこくどせい)

男女ともに真面目で忍耐力があるので、結婚に適した相手です。一発勝負に出るよりも、コツコツ努力を積み重ねて結果を出すことを好みます。ただし、行動が遅く、目立たず地味なので、物足りなさを感じる人もいるでしょう。

三碧木星(さんぺきもくせい)

華があってまわりからチヤホヤされますが、そのまま調子に乗り続けると人生の後半で苦しむことになります。見栄っ張りで派手なことやにぎやかな場所を好むので、誤解されることも多いでしょう。歌や楽器の才能があるので、音楽の道に進む人も多いようです。

四緑木星(しりょくもくせい)

人見知りをせず、誰とでも仲良くなれるので、どのようなグループにもすぐに馴染んでしまいます。話し上手で社交的なので、まわりの人に引き立てられることも多いでしょう。ただし、優柔不断なところがあり、流されやすいので、生きづらさを感じることもあります。

五黄土星(ごおうどせい)

タフなうえに行動力があり、常にリーダーシップを取るタイプです。女性も独立心が強く、会社経営などで成功を収める人もいます。また、怒らせると怖い性格なので、敵に回さないほうが無難です。どのような逆境にも立ち向かい、乗り越えながら成長します。

六白金星(ろっぱくきんせい)

自分のことを優先しがちですが、持ち合わせている才能で社会に貢献すれば前途が開きます。感受性に欠けるところがあるため、共感力を磨くことが大切です。正義感が強いのはいいのですが、尊敬されたいために権力に走りがちなので敵を作ることも多くなりそうです。

七赤金星(ななせききんせい)

話すことを生業にしたり、「食」に関わる仕事で成功を収めるタイプです。ただし、何事においても最後までやり通せないという欠点があります。男女ともに可愛らしく、愛嬌がある方が多いですが、男性の場合は頼りなく見られてしまうこともあるでしょう。

八白土星(はっぱくどせい)

自分の意見を曲げない、頑固者が多いのが特徴です。ただし、信頼関係さえ築ければ、絶対に裏切らない固い絆を結べる相手として、まわりから頼りにされるでしょう。また、男女ともに実家との縁が深く、先祖代々受け継がれてきたものを継承することが多いようです。

九紫火星(きゅうしかせい)

男女ともに頭がよく、美形であることが多いタイプです。芸術面での才能が豊かなので、画家や文筆業で成功する人がたくさんいます。ただし、すぐに目移りしてしまうのが欠点です。仕事も恋愛も一途に打ち込めば、まわりからの評価も上がるでしょう。

月命星について

九星気学では本命星からわかることがたくさんありますが、本命星だけだとその年に生まれた人は、皆同じ運勢や性格だということになります。

宇宙規模で考えると、同じ年に生まれた人が同じような性格であっても何らおかしくはないのですが、とはいえ、生まれた月や生まれた日の九星がわかれば、より細かい特性を読み解くことができます。

そのため、多くの占い師は生まれた月から導き出す「月命星」と、生まれた日から導き出す「日命星」も算出し、より適切なアドバイスをするようにしています。

特に月命星は本命星と合わせて使われることが多く、吉凶や吉方位、凶方位などを導き出すときに欠かせません。

月命星の一覧表は、以下のようになります。

本命星
一白水星/四緑木星/七赤金星 二黒土星/五黄土星/八白土星 三碧木星/六白金星/九紫火星
誕生日 2/4~3/5 八白土星 二黒土星 五黄土星
3/6~4/4 七赤金星 一白水星 四緑木星
4/5~5/5 六白金星 九紫火星 三碧木星
5/6~6/5 五黄土星 八白土星 二黒土星
6/6~7/6 四緑木星 七赤金星 一白水星
7/7~8/7 三碧木星 六白金星 九紫火星
8/8~9/7 二黒土星 五黄土星 八白土星
9/8~10/8 一白水星 四緑木星 七赤金星
10/9~11/7 九紫火星 三碧木星 六白金星
11/8~12/6 八白土星 二黒土星 五黄土星
12/7~1/5 七赤金星 一白水星 四緑木星
1/6~2/3 六白金星 九紫火星 三碧木星

本命星、月命星それぞれの表を見れば、たとえば1995年1月17日生まれの方は本命星が「五黄土星」、月命星が「九紫火星」だということが導き出せます。

占い師は、これらの九星と干支、陰陽五行などを組み合わせて、抱えている悩みを解消する術や、進むべき方向などをアドバイスしてくれるのです。

九星気学でどんなことがわかる?九星気学を受けるときの注意点は?

九星気学で占うときに必要なのは生年月日と生まれた時間ですが、自分の生まれた時間まで正確に知っている方は少ないでしょう。

生まれた時間は立冬や立春、小寒など、節目となる日に生まれた方の場合は必要ですが、それ以外の日に生まれた方は生まれた時間まで出さなくても占うことはできます。

節目の日に生まれた方は、生まれた時間を事前にご両親に確認したり、母子手帳などを見たりして調べておきましょう。

九星気学でわかることは、自分自身の生まれ持った気質や性格、吉凶、方位、家相などです。

自分には、本当はどのような価値観があり、どのようなライフスタイルを望んでいるのか、潜在的にどのような能力を持っているのかなどを、本命星から知ることができます。

また、人との相性に関しては、本命星を見ればどのような人と相性が良いのかわかるので、それだけでも恋人や職場の人、親子同士のつき合い方などを知ることができます。
相手の生年月日を伝えればより詳細な相性がわかりますが、電話占いでは霊感・霊力と組み合わせて鑑定する占い師が多いため、相手の名前を伝えるだけでも十分でしょう。

方位に関しては、吉方位と同時に五黄殺、暗剣殺などの凶方位を見ることで、引越しや転職などに適していない方角を導き出し、運気を落とすことが避けられます。
引越しするときは同時に家相も調べて吉家相物件に住めば、運気を上げることができます。

ほかにも傾斜星という「人の心の位置がわかる」星を導き出して性格や相性の的中率を高めたり、体調のバイオリズムを導き出したりできるので、あらかじめ知りたいことをメモして電話をすれば短時間でスムーズに鑑定してもらえます。

電話占いの九星気学で当たると評判の占い師は?

九星気学を使って鑑定する占い師は、電話占いサイトにもたくさん登録されています。
そのため、どの占い師が良いのか、自分に合っているのかわからないと思います。
また、せっかくなら当たらない占い師よりも、当たる占い師に電話をするほうがいいでしょう。

そこで、ここでは九星気学ができる各電話占いサイトで人気がある、おすすめの占い師を紹介します。

フィール所属の「七麻(ナナオ)先生」

七麻(ナナオ)先生
七麻(ナナオ)先生
性別 女性
鑑定歴 21年以上
料金 1分/310円
得意な相談内容 恋愛、不倫、縁結び、復活愛、金銭、仕事
健康、人間関係、家庭

占いを通して相談者が幸せになることに、自らの幸せを感じるというフィール所属の「七麻(ナナオ)先生」。
長年、日本各地でおこなわれる占いイベントに精力的に参加し、全国の相談者の悩みに耳を傾け続けています。

先生の人気の秘密は占いの的中率の高さだけでなく、その人柄にあります。
「人の背中を押すのが大好き」という先生は、相談者の悩みをすべて受け入れつつ、次のステップに進むための勇気と自信を与えてくれます。
そのため、鑑定を受けた相談者の中には、「この人こそ私の救世主!」と感じる方もたくさんいるそうです。

恋愛の悩みや職場の人間関係、家庭の問題、子どもに関する悩みなど、同じような問題でも相談者一人ひとりが抱えている悩みや解決方法は違うため、その方に合った「幸せの種」を見つけ出し、花を咲かせるお手伝いをしたいと考えている先生です。

女性1-2

何が原因で彼とうまくいかないのか、今回の鑑定でよくわかりました。
「彼との未来はまだある」とのことなので、彼の夢を尊重しながらこの関係を大切にしていきたいと思います。
また何かあれば電話させていただきますね。
初めての鑑定でも話しやすかったです。ありがとうございました!

ヴェルニ所属の「眞愛実(マナミ)先生」

眞愛実(マナミ)先生
眞愛実(マナミ)先生
性別 女性
鑑定歴 7年
料金 1分/240円
得意な相談内容 相性、結婚、離婚、復活愛、略奪愛、不倫、縁結び、縁切り
年の差、遠距離、同性愛、三角関係、金運、仕事、対人関係、家庭問題
子育て、運勢、開運方法

電話占いではスピリチュアルによる鑑定をする占い師が多い中、九星気学を占術の中心に据えているヴェルニ所属の「眞愛実(マナミ)先生」。
人生の岐路で九星気学に出会い、天・地・人との融合によって、一人ひとりの宿命や性格、相性、さらには潜在意識まで読み解く九星気学に魅力を感じて占い師になったそうです。

先生の鑑定では、相談者が抱える悩みの根源を探しあて、自分自身を見つめ直して行動を変えることで、環境や状況を好転させる術を丁寧に伝えてくれます。
また、悩みの解決だけでなく、効率的に目標を達成するための計画の立て方や、やりたいことをうまく進めるための方法など、人生をより良くするための実践的でわかりやすいアドバイスもしてくれます。

先生の実直で優しい人柄に心癒され、「前向きな気持ちになれた」という声もたくさん聞かれます。

女性2-2

先程は鑑定ありがとうございました。
九星気学は奥が深いですね。五黄土星と一白水星の方との相性を視ていただきましたが、当たっていました。
特に一白水星の方の鑑定では、「あ~あるある!」と思わず笑ってしまいました。
また、行動を起こすならこの日がいいなど、具体的なことをピンポイントで教えてくださったので参考にします。ありがとうございました。
今日、先生とお話できたことに感謝です。またよろしくお願いします。

ピュアリ所属の「煌(キラ)先生」

煌(キラ)先生
煌(キラ)先生
性別 男性
鑑定歴 18年
料金 1分/300円
得意な相談内容 恋愛全般、出会い、片思い、相手の気持ち、相性、縁結び、復縁、復活愛
対人関係、家庭問題、親族問題、天職、夢、相性、結婚、男心、女心、複雑な恋愛
三角関係、浮気、不倫、離婚、人間関係、職場の人間関係、対人関係、仕事運、適職、転職、進路、就職
経営相談、人事、開業、目標、ビジネスチャンス、ビジネスパートナー、家族関係、夫婦関係、家庭問題
夫婦問題、親族問題、育児、子育て、ストレス、シングルマザー、人生相談、健康運、引越し
開運指導、金運、金銭トラブル

霊感・霊視の力によって、頭の中に映像として現れた相談者の過去・現在・未来を視ながら鑑定をするピュアリ所属の「煌(キラ)先生」。
ほかにも九星占術や声相、数秘術などを組み合わせることで、より詳しいアドバイスを導き出します。

特に相談者の声から発せられる空気の振動で、その人の本質や現状、未来などを視る鑑定方法は、先生独自のものです。
たとえ電話越しであっても、電話機は空気の振動を機械が電気信号に変えて伝える装置であるため、その鑑定力が減衰することはまったくありません。
そのため、初めての相談者であってもその声から様々なことを読み取り、鑑定結果を導き出します。

1本の電話から始まる相談者との縁を大切にし、占いによって心を癒すことで第二、第三の人生のスタートを応援したいと考えている先生です。

女性1-2

心が苦しいとき、いつもキラ先生に救われています。
今日もそうでした。
思わず「うちに監視カメラしかけてます?」って聞いちゃいそうになるくらい、先生は何でもお見通しなんですね。
先生のアドバイスには何度も助けていただいていますが、今日のアドバイスしていただいた「バリアをはる」もすぐに実践したいと思います。
鑑定がとにかく早くて、お人柄もとっても優しいので本当におすすめの先生です。
先生のおかげで、また元気になれました。ありがとうございました!