電話占いでの相談内容|どんな内容が多いのか?ランキング形式でご紹介!

いざ占ってもらおうとすると、何を聞けばよいのか、あれこれ聞きたいことがあって優先順位が定まらないという方も多いと思います。

また、他の人はどんなことを占ってもらっているのか気になる…という方もいるかもしれません。

そこで今回は電話占いで多い「相談内容」をランキングで紹介していきます。

第1位 恋愛相談(復縁・不倫・片思い・結婚)

第1位【恋愛相談(復縁・不倫・片思い・結婚)】

相談内容ランキングの圧倒的第1位は「恋愛」についてです。恋愛といっても復縁、不倫、片思い、結婚、相性の善し悪しなど内容はさまざまです。

では、実際にあった相談内容を例に、どんなことが相談されているか紹介していきます。

  • よりを戻したいけれど、自分から連絡を取ってもよいか。連絡を取るタイミングはいつか。
  • 恋愛にどう向き合えば上手くいくのか。
  • このまま波乱なく結婚するためには何が大切か。
  • 自分はどのような人と相性がよいのか。
  • 好きな彼にどうアプローチしたら上手くいくか。
  • プロポーズするタイミングを知りたい。

などがよくある相談です。

恋愛について相談するときは、「今このような状態だけれど、この先自分はどのような行動を取るべきか」というような相談の仕方をすると、伝わりやすく明確な回答が得られるでしょう。

一方で彼は私を好きか、相手は奥さんと別れてくれるかというような、自分ではなく相手が中心となる質問や結果を求めるような質問はできるだけ避けることをおすすめします。

第2位 仕事について(転職・就職)

第2位【仕事について(転職・就職)】

第2位は「仕事」についてです。多いのは、就職や転職などのタイミングや向いている職業などの相談です。

具体的な質問を見ていきましょう。

  • 今の会社または仕事は自分に合っているのか。
  • 転職するのによいタイミングはあるか。
  • 自分に向いている職業は何か。
  • 仕事でよく失敗してしまうが、自分の何が原因なのか。
  • 仲間と円滑に仕事を進めていくにはどのような接し方をしたらよいか。
  • 今転職してもよいか。
  • 上司と良好な関係が築けない。
  • リストラされたため仕事を探しているが、自分にできそうな仕事が見つからない。
  • 自分の会社を興そうと思うけれど、どんな会社名がよいか。

といった内容です。

仕事そのものが自分に合っているかを知りたい方や自分に合った仕事を探している方、職場での人間関係を相談する方もいます。

仕事についての相談内容では、仕事内容に対することだけでなく、同僚や上司との人間関係に関する悩みを相談する人もかなりの数います。

また、起業する際に運気の上がる社名をつけて欲しいと依頼する方もいます。

第3位 家庭問題(子ども・義理の家族)

第3位【家庭問題(子ども・義理の家族)】

第3位に多いのが「家庭問題」です。成長に伴って生じる思春期の子どもに対する接し方や、嫁姑関係に関するものが主な相談です。

また、引っ越しや出産のタイミングについての相談もあります。

  • 子どもが反抗期でどう接するのがよいか悩んでいる。
  • 上手くいっていない姑との関係を円滑にするにはどうしたらよいか。
  • 親と仲が悪く、どうしたら関係を修復できるか。
  • 引っ越しを考えているが、どのタイミングでするのがよいか。
  • 元気がない兄弟に力を貸したいが何をしてあげたらいいか。
  • 夫が子育てや家事に協力してくれないが、どのように伝えたら手伝ってもらえるようになるか。

このように悩まれている内容はさまざまです。

家庭問題は親から子、子から親、嫁から姑、兄から弟、妻から夫など家族だからこその人間関係が存在します。

相談内容はあらゆる家族関係から生じていることがおわかりいただけると思います。家族というとても近い関係だからこそ、修復が難しいこともあります。

周囲には知られたくないそういった内容は、利害関係のない全くの第3者である占い師になら相談できます。

第4位 金運に関する内容

第4位【金運に関する内容】

「金運」が第4位に入っています。後ほど述べますが、金運といってもギャンブルや投資などの賭け事の結果などは相談する内容として不適当です。

相談の内容は主に、金回りがよくなる気の流れや車や家などの大きな買い物をするのにおすすめのタイミングなどです。

  • 現在の金運はどうか。
  • 金運を上げるにはどうしたらよいか。
  • 金銭トラブルに遭わないよう気をつけなければならないことは何か。
  • 知り合いにお金を貸したが、返ってこない。どうしたら返してもらえるか。
  • 車を買ってもよいタイミングはいつか。

金運については運勢だけでなく、お金を使うタイミングや注意すべきことなども併せて相談するのが一般的です。

加えて、貸した借金が返ってこないといった金銭トラブルに関する相談もお金に関する相談の中では多く見受けられます。

第5位 運勢(時期・タイミング)

第5位【運勢(時期・タイミング)】

第5番目に多い相談内容が「運勢」についてです。運勢占いでは、今年または今月の運勢や気をつけるべき行動など、その時々の自分の運の流れを視てもらいます。

運勢を占ってもらう人の多くは、年末年始や何か大切イベントごとがある前に相談しています。実際に見ていきましょう。

  • 今年の全体運はどうか。
  • 厄年だが、何に気をつけて生活しなければならないか。
  • 自分に合うおすすめのパワースポットはどこか。
  • 最近ついていないことが多くて困っている、何か運気をアップさせる方法はあるか。
  • 身につけておくとよいアイテムはあるか。

といった内容です。

一口に運勢といっても、現在または未来の運気を占ってもらう方や運気をアップさせる方法や場所、アイテムなどを相談する方もいらっしゃいます。

特にパワースポットや運気を上げるアイテムは、生まれた日やその人が生まれ持った性質によって異なります。

自分に合うものを自力で調べるのは難しい、というより占い師を頼って探すしか方法がないかもしれません。

電話占いではどんな相談をする人が多いの?

電話占いではどんな相談をする人が多いの?

「やってみたいけど、直接占ってもらうのは少し恥ずかしいし、緊張してしまう…」、「何となく占いに抵抗がある…」、「仕事が忙しくて対応時間内に行けない」という方も大勢います。

そんな方には「電話占い」がおすすめです!電話占いは文字通り、電話で通話しながら占ってもらえます。

顔を見られることがない上に、人のいないところで電話をすれば話の内容が漏れることもありません。

さらに深夜でも占ってもらうことが可能な場合が多いので、いつでもどこでも気軽に占ってもらえます。

発生する料金に注意

電話占いで注意しなければならないのは「料金」です。通常の対面占いであれば、支払う料金を予め決めておけば、予算に合った占いをしてもらうことができます。

しかし、電話占いはかかった時間に合わせて後払いで料金を支払うことが多いので、話しに夢中になりいつの間にか予定していた金額以上の料金を請求されてしまった、ということにならないように気をつけなければなりません。

また、占い料金とは別に通話料がかかることもあります。これはサイトによって異なるので、予め通話料の有無についても確認するようにしましょう。

占い依存ならないように気をつける

次に電話占いで気をつけなければならないのは「依存」です。

対面式の占いと違って電話占いは、いつでもどこでも手軽に相談できてしまうという特性があるので、目的もないのについ何となく電話して占ってもらうというような状況に陥らないよう注意しましょう。

「何でもいいからとにかく相談しなければ」、「相談しないと不安…」、「自分で決められないから占いに決めてもらおう」などと考えるようになったら、依存が疑われます。

占ってもらうこと自体は、もちろん何も問題ありません。しかし、その結果に囚われるような状況や精神状態になることは避けなければなりません。

占いは自分が選択しなければならないことを他人に「委ねる」ものではなく、自分の選択肢を「増やす」、「導き出す」きっかけにするものです。

一度冷静になって、今の自分に占いが必要なのかを見直してみてください。

電話占いでの相談内容は幅広い!予め相談する内容を決めておこう

電話占いは時間に比例して料金が加算されていきます。となればなるべく料金を安くするために、普通は可能な限り手短に、自分の知りたいことに絞って相談したいと誰もが思います。

しかし、電話占いでは恋愛、仕事、家庭、金銭、運勢などさまざまなことが相談できます。あれもこれもといろいろ相談している間に、どんどん時間は経過していってしまいます。

極力費用をかけないで占ってもらうためには、占ってもらいたいことを予め決めておきましょう。

事前に相談したいことをリストにまとめておくと、聞き忘れることがなく安心して相談できます。

加えてどんな風に聞けば伝わりやすいか、その上手な伝え方や言い方を把握しておくことも大切です。

一方、生死や犯罪に関することなど占いには相談ができない内容というのも存在します。タブーに触れるような質問をしてしまうことがないように注意が必要です。

気をつけて!電話占いで相談できない内容がある?!

気をつけて!電話占いで相談できない内容がある?!

どんな相談内容があるのかを把握できたところで、自分が占ってもらいたいことが思い浮かんだのではないでしょうか。

しかし、占い師に何でも相談していいわけではありません。最後にお話ししますのは、占いのタブーについてです。

それは「占えない相談内容がある」ということです。複数あるので、その理由も含めて説明します。

病気の診断や人の生死

一つ目に病気の診断や人の生死についてです。病気の診断は「医師」にしかできません。占い師が行うものでありません。

免許を持っていない人が、病名をつけたり診断を下したりすることは、法律で認められていません。

加えて人の生死も占いのタブーです。そもそも「人がいつ亡くなるか」ということは本来誰にもわからないもので、神のみが知ることとされています。

たとえ占い師がその人の生死に関わる出来事や時期がわかっても、それを直接伝えることはできません。

占いで自分または誰かの死期を知ることができたら、その人を含めた周りの人の人生が大きく変わってしまう危険があるため、人の生死に関することは占いのタブーとなっています。

結果の当たり外れに関する内容

ギャンブルや投資、試験の合否などのマルかバツかといった結果に対する相談もタブーです。

占いはその人の運気の流れや傾向を見極めることが目的で、ピンポイントで回答を求めることはできません。

さらにギャンブルや投資について占い、その鑑定結果が外れた場合、損害賠償を求められるようなトラブルに発展する可能性も秘めているので占ってはもらえません。

探し物や人物捜索

意外と知られていない占いができない相談内容として、「探し物」や「人探し」があります。

相談できない理由は、占いとは基本的に「自分はどうしたい、自分はこうなりたい、だからどうしたらよいのか?」という「自分」が主体になっていなければなりません。

しかし、「探し物(あの人)はどこ?」という相談は「自分」が主体になっていません。あくまで自分が進むべき道筋を探す手がかりを見つけるのが占いの目的です。

この考え方から、恋人や夫婦の「不倫相手・浮気相手」を「探す」こともタブーとして扱われます。浮気相手がわかったところで解決には導けません。

「この後も関係を続けるべきか、次の恋を探すにはどうしたらよいか」といった解決策について尋ねるのが占いに適した相談です。

【電話占いでの相談内容|どんな内容が多いのか?ランキング形式でご紹介!】まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は電話占い寄せられる相談内容の多い順にランキング形式で紹介しました。実際にあった相談内容も紹介しましたので、電話占いを利用する際の参考になったと思います。

電話占いを利用する際は、自分の聞きたい相談内容に優先順位をつけて整理してから電話してください。

皆さんが幸せのきっかけとなる占い師と出会えるよう祈っています。