女性2-1

自分や家族に悪いことが次々起きる。


女性1-1

恋愛も仕事も人間関係も、何をやってもうまくいかない。


女性2-1

いくら頑張っても報われない人生のような気がする。

誰もが生きていく中で、このような経験をしたことがあるはずです。

そんな時、人は
「厄払いをして開運につなげたい」
「力のあるヒーラーのヒーリングを受けて、現状を回復させたい」
と願うのではないでしょうか。

「厄除けは神社仏閣に詣でてお願いするもの」
「ヒーリングは対面鑑定で受けるもの」

そう思うかもしれませんが、実は電話占いでも厄除けや開運鑑定、ヒーリングを行うことが可能です。電話占いで人気の開運鑑定、厄除け鑑定、そしてヒーリングについて、依頼するメリットや注意点を交えて紹介します。

開運、厄除け、ヒーリングとは?

開運、厄除け、ヒーリングとは?
一般的な開運、厄除け、ヒーリングについて、紹介します。

開運とは

開運とは、運が開けて幸運が訪れることです。
生まれてから死ぬまで、幸運ばかりの人生を送れる人なんてまずいません。

人が運気を上げ、明るい未来を拓いて幸運な人生を歩めるようになるには、開運の御祈祷が必要と考えられています。

占いによる開運鑑定では、相談者の未来を占い、どうすれば幸運な人生へと歩を進められるのか、具体的に開運指南をしてくれます。

厄除けとは

厄除けは、厄払い、厄落としともいい、今ある災厄を避け今後の人生を無事安泰に過ごせるように祈願することです。

人の一生には、いろいろな厄が災いをもたらそうと待ち構えていると日本人は考えてきました。そのため、厄除けは今でも私たちの生活に深く根付いています。

<厄年>

お正月に神社仏閣にお参りした時に、今年の厄年(前厄、本厄、後厄)に当たる干支が書かれた紙が社務所などに貼られているのを目にしたことがないでしょうか。

厄年は、平安時代から伝えられている風習で、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことをいい、その考え方は陰陽道から来ているのではないかといわれています。

自分が厄年であることを知ると、
「今年は厄年だから厄除けの御祈祷をお願いしよう」
「今年は前厄、来年は本厄か…。厄除けのお守りをもらっておこう」
そんなことを考える人が多いはずです。

厄年は旧暦の大晦日が節分の日、そして立春が新年となりますので、厄払いは今のカレンダーに当てはめると、お正月から節分の間に行うといいといわれています。

<成長の節目の厄>

子どもの成長の節目を祝う「七五三」は、子どもの成長を氏神様に感謝すると共に、子どもの厄を払うために行うものです。

関西地方を中心に、関東でも広く行われている「十三詣り」は、13番目に誕生した智恵と福徳を司る虚空蔵菩薩に詣でて、子どもの多福を願い知恵を授かる行事として知られています。

この13歳という年齢は誕生してから干支が一回りした節目であり、人生最初の厄年となります。そのため、「十三詣り」も厄除けを兼ねて行われているものなのです。

<日常の厄>

年齢の厄、成長の厄と共に、私たちは日々生活していく中で、厄を知らず知らずのうちにため込んでいます。それが日常厄で、原因には次のようなことが考えられます。

「運の悪い人、嫉妬や不満がたまっている人から知らないうちにもらってしまう厄」
「自分自身が抱える嫉妬や不満、愚痴などネガティブな思考から生まれてしまう厄」

この日常厄を落とさないことには、幸福を呼び込むことはできません。

神社仏閣に出向いて行う厄除けだけでなく、電話占いでも厄除け鑑定を受けると、日常厄などが払われて、日々の生活に幸運を取り込めるようになります。

ヒーリングとは

ヒーリング(healing)を日本語に訳すと、「治療する」「癒す」「回復する」という意味になります。

占い師による占いを、どのようにすれば幸せになれるのかをアドバイスしてくれるものだとしたら、占い師の中でもヒーリングの力がある人が行うヒーリングは、さらに一歩踏み込んで相談者を癒し、回復するところまで導いてくれるものということができます。

ヒーリングには、エネルギー療法、霊能力による治療なども含まれており、電話占い師の中にもヒーラー、スピリチュアルヒーラーと呼ばれる人達がいます。

このような力を持った先生は、宇宙や霊、大いなる存在と交信し、相談者の心の傷を治療したり、癒しを与えたりできると考えられています。

電話占いで行う開運、厄払い、ヒーリングのメリットについて

電話占いで行う開運、厄払い、ヒーリングのメリットについて
電話占いで行う開運鑑定や厄除け鑑定は、トラブルが立て続けに起きていたり、不運な出来事が続いていたり、原因不明の身体の不調に苦しんでいたりする人からの依頼が多いようです。

このような相談をする人は、偶然が重なっただけ…という理由では納得できない異変に、時に目に見えない何か大きな力が働いているのではないかと不安を感じています。

電話占いで受ける開運鑑定や厄除け鑑定は、まず悩みごとをじっくり聞くところから始まります。この点が、神社や寺で行う御祈祷とは違うところです。

占い師は悩みを聞いて、その悩みの原因を占いの力で探り当て、適切に対処する方法を伝授してくれます。

また、その場で御祈祷をしたり、「念」とか「気」と呼ぶ見えないパワーを相談者に送って、邪気を払ったり、幸福を呼び寄せてくれます。

これは力のある占い師であれば、対面でなく電話による鑑定でも行うことができるといいます。

実際、
「先生に開運占いをしてもらい、強い気を送っていただいて、心穏やかに暮らせるようになった。」

「悪い出来事が続いていたのが、厄除けの御祈祷を受けたら嘘のように収まった。」

というような体験をしている人は多いようです。

一方、ヒーリングは、人間に流れているエネルギーに働きかけるものといわれ、傷つき弱っている人のエネルギーを本来の正しい流れに戻します。

ヒーリングではヒーラーが相談者の心に働きかけ、相談者に正しいエネルギーを送って心の傷を治し、問題を解決していきます。

ヒーリングも遠隔ヒーリングといって、対面でなくても遠くにいる相談者にエネルギーを送ることが可能といいます。電話占いでもスピリチュアルヒーリングや遠隔ヒーリングを得意としている占い師が多く存在します。

電話占いで開運、厄払い、ヒーリングをするメリット

わざわざ出向かなくても、自宅で行うことができる。

開運、厄払い、ヒーリングを対面で行ってもらうには、神社や寺、あるいはヒーラーがいる占いの館などに出向かなければなりません。

特に、神社や寺は昼間しか祈祷を受け付けていない上、お正月など混雑している時期は他の大勢の人達と一緒に祈祷してもらうためプライバシーが守られません。

受付時間も決まっており、忙しい方はそのためにわざわざ時間を作るというのが難しい場合もあります。

その点、電話占いでしたら、自宅で都合のよい時間に電話で鑑定、御祈祷してもらえます。必要と思った時にすぐ受けることができ、もちろんプライバシーも守られます。

ヒーリングは、心身共にリラックスして、心を解放させることで、心の傷を癒す効果が増します。電話占いなら、自分がゆったりと過ごせる自宅などで安心して受けられるので、ヒーリングの効果が一層増します。

高額な祈祷料などを払う必要がない

神社や寺で御祈祷をお願いすると、料金は最低でも5,000円以上、由緒ある神社などでは1万円以上かかります。

一方、電話占いは、開運、厄除け、ヒーリングなどが得意な占い師を選んで相談し、相談の中で依頼すれば、通常の鑑定料金のみで済みます。

電話占いの鑑定料金は、1分いくらの分単価に鑑定にかかった時間をかけて計算されます。1分間200円~400円が相場で、鑑定時間が15分~30分として、鑑定料金は3,000円~12,000円となり、その中で悩みごとの相談と開運、厄除け、ヒーリングなど希望の鑑定をしてもらうことができるので、費用面でも有利です。

アフターフォローをしてもらえる

神社や寺での開運、厄除けなどの御祈祷は、臨場感がある中で御祈祷を体験できるメリットはありますが、神主や住職が個々の悩みに寄り添ってくれるわけではありません。

もし、御祈祷の結果が思う通りではなかったとしても、アフターフォローはしてもらえません。

しかし、電話占いであれば、御祈祷しても事態が改善されず変化がないのであれば、同じ占い師を指名して相談し、原因を探ってもらうことができます。

もちろん、「あの占い師の御祈祷は信用できない」と思うのであれば、別の占い師に変えることだって可能です。

電話占いであれば、御祈祷を受けたらそれで終わりとならないのがメリットといえます。

対面よりも騙される危険が少ない

ヒーリングはスピリチュアルな部分が大きいため、霊感商法のような悪質な鑑定をするヒーラーもいます。

たとえば、「これを買わないと不幸になる」「これを身に着ければ、新しい出会いに恵まれる」と相談者の不安や願望に付け込んで、時には脅かすような形でパワーストーンや天然石のアクセサリーを売りつけるといった詐欺的な行為が行われることがあります。

対面鑑定では、購入するまで帰してもらえなかったり、説得が続いて根負けして購入してしまったりと被害に遭う可能性が高くなります。

しかし、電話占いなら直接会って話しているわけではないので、どうしても断れない場合は最後の手段として電話を切ってしまえば拒否することができます。

こんな占い師には注意!開運、厄払い、ヒーリングを依頼する際に気を付けたいこと

こんな占い師には注意!開運、厄払い、ヒーリングを依頼する際に気を付けたいこと
悪質な占い師に開運、厄払い、ヒーリングを依頼して騙されたりしないよう、占い師の選び方で気を付けたい点を紹介します。

占い師のプロフィールや口コミを調べてから依頼する

御祈祷やヒーリングは、通常の鑑定よりもさらに難しい鑑定になります。

電話占いサイトでベテランといわれる占い師の方が、経験が多く安心して依頼できますが、そのようなベテラン占い師は経験や実績がある分鑑定料金が高くなりますので、経済的余裕がないと依頼するのに覚悟が必要です。

もし、ベテランにこだわらずに御祈祷やヒーリングができる占い師を探したいというのであれば、公式サイトに掲載されている占い師のプロフィールや得意な占術などをじっくり読んでみましょう。

たとえば、「代々神社の神主を勤める家系に生まれた」「実家が寺院で小さな頃から修業をしていた」という占い師の得意な鑑定が開運・厄除け祈祷という場合や、「ヒーラーとしての能力を高めるべく、有名なヒーラーに弟子入り修行した」という占い師が遠隔ヒーリングを得意としている場合なら、その占い師への依頼を検討する価値はあります。

もちろん、その経歴が真実かどうかの確認は簡単にはできませんので、それだけで即決めてしまうのではなく、次にその占い師の鑑定を実際に利用した人の口コミなどを調べてみましょう。

電話占いの公式サイトにも口コミは掲載されていますが、良い口コミしか載せていない場合があるので、ウラスピ、レディスピ、5ちゃんねる(旧2ch)などの口コミ掲示板を見て、占い師の評判は実際どうなのか調べてみましょう。

物を売りつけようとする占い師、別料金で特別祈祷をするという占い師に注意する

対面鑑定と同じく、電話占いでも厄除け開運のためにとパワーストーンや天然石のアクセサリー、お守りやお札を売ろうとする占い師がいます。

また、「別料金を払えば、特別ヒーリングをあなただけにやってあげる」といって高い料金を取ったにもかかわらず、何もしないで「今、あなたに向けて特別の気を送りました」と騙す悪質な占い師もいます。

運営会社のサイトに「物販の勧誘はしておりません」「鑑定料金以外一切料金はかかりません」と書いてあるのに、ルールからはずれた行為をする占い師には注意が必要です。

もし、占い師からこのような誘いがあったら、運営会社に苦情を伝えましょう。

中には、電話占いの運営会社のシステムとして物販が可能であったり、別料金で特別なオプションが用意されていたりする会社もあります。

しかし、占い師が不安を煽って無理強いするようなことがあれば、その占い師とも運営会社とも縁を切って、他の電話占い会社に移った方が安心です。

この場合は運営会社に苦情を伝えても効果はありませんので、外部の口コミ掲示板などに体験談を書いて、他の利用者に注意喚起をしましょう。

初回から開運、厄除け、ヒーリングを依頼しない

電話占いに新規登録しはじめて鑑定を依頼する際には、ほとんどの会社が「30分無料」「初回無料」などの特典を設けています。

最初の鑑定はその特典を利用して、占い師が信頼できるかどうか、自分との相性はどうかなどを確認してみましょう。

鑑定をわざと長引かせて時間を引き延ばすような占い師、友人に相談したら返ってくるような当たり障りのない回答しか出さない占い師は信頼できません。

この占い師は信頼できるなと思えたら、次回以降に御祈祷やヒーリングを頼んでみるといいでしょう。

電話占いで開運、厄除け鑑定やヒーリングを行っている占い師の多くは、相談者の運気を上げるために誠意を持って鑑定しています。

しかし、開運、厄除けの御祈祷やヒーリングはスピリチュアルな面が強く、第三者がその真偽を客観的に判断することが難しいのも事実です。

電話占いで詐欺被害に遭わないようにするために、ここでお伝えした注意点を守って占い師を選ぶようにしましょう。